春光しゅんこうを浴びて街路の木々の葉が つゆ有るように萌えて輝やく

緑中りょくちゆうに紅葉映える鮮やかさ 紅一点に凝視ぎょうしの目行く

 

朝空あさそらに野鳥一羽の飛翔ひしょう見る 人より先の無重力哉

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。