玉露たまつゆが 花に揺れいる 紫陽花あじさいの 葉にそよそよと 初夏の風吹く

梅雨明けの 風ふさふさと 流れ来て 紫陽花あじさいの花 色あせて見ゆ

 

南から なお南から 送られて 来たりし黒糖 潮が香りぬ

【季節とともに】

※本記事は、2012年6月刊行の書籍『日々、燦々と』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。