ふり仰ぎそびゆる高層ビル街を めぐりて渦巻く風吹き下ろす

マンションに住まふ家族の笑ひ声 扉の内に閉ざされたり

幸ひはマンション区画に閉ざされて 隣りの家族と語ることなし

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。