一年坊主同士が、相手のどんぶりに箸を突っ込む。それに二年も加わる。

「やめてよ」と香子が怒る。

「ほっときなさい」と朱美が冷たく突き放す。

そのうち、振り払った手でチャーシューが空を飛んだ。

「あっ」

ベチャリと落ちたチャーシューをすかさず拾ったのは、村瀬だ。

「あっ! 先輩!」

「ヤァリー」

村瀬は何のためらいもなく、口に放り込んだ。

「情けない。そこまでしなくても」

朱美に言われ、村瀬は満足そうに微笑んだ。 

「おばさん、ネギ、ネギおまけしてくれよ」

二年のノブにはそんな騒ぎは関係ない。

「意地汚ねーぞ」

「おれは、ネギが好きなの」とノブはネギを山盛りにしてもらって、ほくほく顔だ。

「コウちゃん、お代りいいだろ」と村瀬が情けない声で訴える。

「ダメ、おれだって少ない小遣いで、お前たちにご馳走してるんだ」

「ご馳走ってほどのもんじゃないだろ」

「失礼だね、ご馳走だよ」とカウンターの向こうでおばさんが怒る。

「謝れ! 謝れ!」

「すいません。もう一杯ください」

「はいよ」

おばさんがニッコリ笑った。

村瀬は、百五十円出して、コップの水を飲み干した。

「もー、いや、あんたたちとは食事したくない」

香子はスープをすすりながら怒っている。

この三年間ずっと繰り返されてきたバカ騒ぎだ。村瀬にとっても園田にとっても、これが最後になるのだ。騒げば騒ぐほど、ぼくはセンチメンタルになった。こんな風景は二度と見られないかも知れない、とぼくは思った。

村瀬は三杯目のラーメンのスープを飲み干して、大きくため息をついた。

「それで、お前はどうするんだ」とコウちゃんに訊かれた。

「平和通りの美術研究所です」と答えたが、顔を上げると訊かれたのはぼくではなかった。

そんなことはコウちゃんは知ってることなのだ。

ひとりで黙ってラーメンを食べていた園田は「分かりません」とぶっきらぼうに答えた。

「共通一次、ボイコットしちゃったんですよね」

一年坊主が口を挟んだ。受験制度が去年から変わり、ぼくたちの不安は増していた。

「芸大間違いないって言われてたのにな……すごいですね」

村瀬が不満げに「お前は贅沢なんだよ」と吐き捨てるように言った。

「分かりません。少し考えたいんです」

「かっこつけんなよ!」

村瀬は園田を怒鳴りつけると、突然席を立ち、どんどん帰ってしまった。みんなはあっけにとられて見送った。

園田もコップの水をぐいっと飲み干すと、席を立った。

※本記事は、2018年3月刊行の書籍『ブルーストッキング・ガールズ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。