湖(みずうみ)の水面(みなも)沈静我が心 そう有れかしとそっと見つめる

 
 

 
 

娘達上着(うわぎ)を脱いで美しく 天女(てんによ)の様に夕焼けに舞う

 
 
 

図書館の展望台を霧包み 愛の行き交う無錫眺望(ちようぼう)

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。