孫たちの 笑顔に会える 春の朝 からだ清めて 和服出し着る

 

 

莞雪(いぶき)君 道は白いよ 広々と 足跡残せ 世界のために

 

 

外孫の 二歳の誕生 祝いけり 七七の豆を嚙む 節分の夜

※本記事は、2012年6月刊行の書籍『日々、燦々と』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。