この街の 忘れ形見に一枚の 畑(はたけ)残され葱(ねぎ)の花咲く

 

女郎蜘蛛、白銀(しろがね)の巣を架けし藪(やぶ) 伐り払はれて家が建ちたり

 

冬ごもる藪は伐られて鶯の 初音を恋へど絶えて久しき

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。