ぽっかりと暗き塹壕口(ざんごうくち)あけて 戦(いくさ)の記憶消(け)しがたきかな

 

錆(さび)つきし長き砲身照準を 定めしままに海へ向(む)けたり

 

洞窟はいまだに汚(よご)れず兵たちの 穿(うが)ちし鑿(のみ)の痕(あと)なまなまし

【小笠原諸島】

[夜明山、戦跡見学]

※本記事は、2014年2月刊行の書籍『歌集 忘らえなくに』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。