そして、神はいきなり尋ねました。

「ところでお前は、心から願っているのか?」

フォールは思わず答えました。

「もちろんです、神さま、えーと、でも、神さまはぼくが何を願ったらいいと思われますか?」

「フォール? 本当に願っているのか?」

フォールは頭がこんがらがっていました。でも、至高の神は、それにおかまいなく言葉を続けました、

「フォール、お前は心から願っているのか?」

「はい、主よ、願っています」

「よし、それなら天使を遣わし、お前に語りかけさせるとしよう」
        

†††

こうして、すべては始まったのです。夜ごとに、天使がやってきました。

最初にやってきた天使は美しく、女性らしく、とても優雅でした。フォールは天使を見ることはできませんでしたが、感じることはできました。そしてしばらくして、ついに天使の声が聞こえたのです。一晩中天使の甘い声が響きわたりました。

天使は、自分はあわれみの天使であると告げ、柔らかい、流れるような声で語りかけたのでした。

※本記事は、2018年9月刊行の書籍『少年と天使たち 知恵が目覚め、 気づきの旅が始まる Foal and the Angels』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。