雨粒の滴(したた)り受ける春の宵 ポツリ濡れてもまた気持ち良い

 

晴れやかな日曜の朝深呼吸 陽光浴びて草木息づく

 

鴇色(ときいろ)に此の上も無く麗しく 空が照り舞う春の夕暮れ

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。