英二の態度に、ぼくはほんの少し彼の弱みを見たような気がした。

「何、女みたいなこと言ってるんだよ」
「えっ」と英二は、驚いたようにぼくを見た。
「ガキみてえなんだよ。こっちは忙しいんだ。お前らとはもう卒業だ」
「ガキ!」
「ああ、ガキさ」

英二はぼくの襟を掴み上げた。どうしてこんな臭いことしかできないのだろうか。恥ずかしくないのだろうか。

「お前、太郎に酷いことをしただろう」
「知らないよ」
「太郎がどんな気持ちでいたか、知ってるだろ」
「気持ち……ああ、あいつの幼稚な失恋のことか」
「何!」

英二は一層、ぼくの襟を締め付けた。

「エイジナンテ、ヤッツケチャエヨ。エイジナンテ、ヤッツケチャエヨ」

サムが耳元で囁いた。

「太郎がどうしたって? お前はそんなささいなことで、正義の味方ぶるつもりなのか」
「何言ってるんだ」
「ちょっと、太郎をからかってみたんだよ、それがどうかしたか」
「お前」
「英二、お前のケンカ、チクッてやろうか」
「何!」
「正義の味方の英二ちゃんの活躍をみんなに伝えてやるんだ。これでお前は英雄だ」
「イイゾ、イイゾ」
「浜高の奴だったよな。ウチの女子がからかわれているって……かっこいいところ、見せたかったんだよな。いい気になって、相手をボコボコにして、かっこよかったよな」
「イイゾ、イイゾ」

英二は腕を振り上げた。

「オモシロイコトニ、ナッテキタ」
「面白い、殴ってみろよ。今度は停学じゃすまないよな」

ぼくはそのとき水平に飛ばされていた。

「ククククク」

殴られながらも、ぼくは愉快だった。

「へえ、こんなことで怒るんだ」
「お前が、そんな奴だとは知らなかった」

英二はぼくの襟を掴み上げて立たせると、もう一度ぼくを殴った。

※本記事は、2018年3月刊行の書籍『ブルーストッキング・ガールズ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。