裸木に上る庭師の鋸(のこ)を挽(ひ)く 音のひびきにわが耳冴へる

 

ピラカンサス紅(あか)く熟れづく 小鳥たち 食ひつくすまで通ひ慣れたり

*ピラカンサス バラ科の常緑低木。冬になると、球状の実が、かたまって紅(あか)く色づく。大寒になっても色を失わない。

 

わが街は武蔵野台地の西の端 坂を下れば荒川が流るる

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。