梅雨明けて返せぬままの傘を干す

 

夏草やひそかに愛を交わしをり

 

枇杷にまで見下ろされてる頭かな

※本記事は、2007年5月刊行の書籍『句集 抱く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。