「何やってるんだよ……。」

タクが心配そうに声をかけるとミコトは、タクの目の前に見つけたばかりの、もえぎ色のクローバーを差し出した。

「はい、これ。幸運のジンクス。」

ミコトはモンスターが襲いかかってきたことなど、気付きもしなかったかのように微笑んでいた。タクにはその光景がとても不可解に思えてならない。あの時、確かにミコトはタクの目の前にいた。

(なのに何故、一瞬でこんな離れた場所で、しかも四つ葉のクローバーを摘んでいるんだろう……?)

そう言えばもう一つ、不思議でならないことがある。ミコトはこれからモンスターと戦わなければいけないというのに、武器一つ持っていないのだろうか? 見た感じ、どこにも武器は見当たらない。それに、あまりにも身軽過ぎる。

「ミコト、君は武器を持っていないの?」タクはミコトに率直に尋ねた。

「いいえ、ちゃんと持っていますよ。私の武器は、これです。」

そう言ってミコトが差し出した手の平の上には、小さな二つ折りのナイフがのっていた。

※本記事は、2020年11月刊行の書籍『Slime Slime Slime ~戦地に降りた天使~』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。