熊野路を歩み倦みたるその時にいかずちひびき霊気地に満つ

神医歌壇

 

流れこむ湯音聞きつつふりかえる今日の熊野の遠き道のり

 

維盛の入水も見たか樟の木の夕影黒く補陀落の森

*補陀洛山寺

※本記事は、2019年2月刊行の書籍『歌集 花の影』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。