紫に黄色パンジー地の上を 花園に染め慕わしく咲く

 

午後の雨恵み注いで陰の美に 花も草木も萌え映えている

 

清涼に優しく吹いてそよ風が 愛を囁きうなじを過ぎた

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。