忠実は藤原道長の子孫なり氏の長者を若くして継ぐ

*藤原忠実(一○七八~一一六二)、道長から数えて五代目。康和三年、忠実二十四歳。藤原摂関家の氏の長者。

【藤原摂関家の内紛】

 

二十八歳関白の位に就きたれば氏を束ねて大殿と呼ばるる

*関白 天皇の政務にあずかり、意見を申しあげること。また平安時代以降、天皇を補佐して政務を執り行った重職。
**長治二(一一〇五)年、忠実、関白就任。

 

忠実は二人子もてり忠通とその弟の頼長なり

※本記事は、2013年2月刊行の書籍『花と散りにし』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。