秋あらしたけて狂いてブナの木の黄葉散らして秋を消しさる

*妙高高原

 

嵐さり天まで抜けし青空に初雪かむり白馬つらなる

 

木曽川の闇ふかまりし鵜は見えず篝火浮かびゆるりと動く

*犬山・木曽川

※本記事は、2019年2月刊行の書籍『歌集 花の影』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。