室外の木立を埋めて薄紅の 桜の様な花が満開

 

見上げると金星一つ存在の 驚き伝え凛と輝く

 

朝の陽の薄雲透す光源に 超越された天見る思い

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。