くろがねの隠岐の駅鈴手に振れば 遠世の音のすずやかに鳴る

*くろがね 鉄の古い呼び名。

 

しめ縄に幣しらじらと八百杉の くさいろの実の鈴なりに垂る

*幣 神に祈るときに供える布や紙。

 

ゆうらりとお化け海月の浮かび出て 人らデッキに声あげて寄る

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。