ほれぼれと翼をひろげ南へ 季節の風に乗りて発ちゆく

 

とび石のやうにつらなる島々に 沿ひて果てなき海原わたる

 

二千キロの渡りを終へて羽根たたむ 宮古の島に冬を過ごさむ

※本記事は、2014年2月刊行の書籍『歌集 忘らえなくに』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。