どこまでも原野たち割る白き道バイクの一つ遠ざかり行く

【旅の歌】

平成二十五年

[北海道の旅](以下一首)

*サロベツ原野

 

平成二十六年

*下関壇ノ浦・赤間神宮

藪椿ちりしきままに時とめて暗みにひそむ七盛の塚

神医歌壇

 

*萩・指月城

空暗し朽ちつつ移ろう城跡や往時知る松に海風の音

※本記事は、2019年2月刊行の書籍『歌集 花の影』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。