あめんぼう 濡れず いくたび 淡き恋

 

初潮や 白馬を 濡らす 少女霊

 

夕焼けを しなやかに 馬上 しなやかに

※本記事は、2014年10月刊行の書籍『句集 曼珠沙華』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。