【高速道路】

私の父は運転中にスピードをよく出す。家族皆が注意をするが、頑固な父は聞き入れない。

その日も、高速道路でスピードを出していた。

母「お父さんスピード出しすぎよ」
父「心配性だなぁ。大丈夫や」

数分後、父は覆面パトの警察官に連れて行かれた。

【先生】

私は幼少期から足が速かった。中学の時、野球部だったが陸上部の先生が私のことを気にかけ、走ることに関して褒めてくれたり厳しいことを言われたりしていた。

私は走ることしか得意なことがなかったため、嬉しかったし、走ることに関してアドバイスをくれるのでその先生を尊敬していた。

ある日、その先生は下着泥棒で捕まった。

おい!!

※本記事は、2020年10月刊行の書籍『ソートの人生 喜びも怒りも、悲しみさえも、笑え』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。