ミコトがわざわざこの村の酒場にやって来たのには、理由がある。別に、酒が目当てではない。もちろんイケメン目当て、というわけでもない。

少し前に、ある男の噂を聞きつけたからだ。

セピア色をしたその酒場に足を踏み入れると、数人の客がガヤガヤと騒がしく飲んでいた。テーブル席に五人。そしてカウンター席に一人。店内を見回した後、ミコトはカウンターで静かに飲んでいる一人の男に目をとめた。

この男こそ、ミコトが探していた人物だ。

名前は、タク。素晴らしい剣の腕を持った、若き戦士である。

この日が二人の初めての出会いとなった。ミコトより、ひと回りほど歳は上だろうか。ガッチリとした大きな体に、やはり大きく重たそうな剣を身につけている。男の首元には、クリスタルのネックレスが輝いているのが、ほんのわずかに見えた。

(あのクリスタル……。間違いない、彼だわ。)

ミコトは確信した。そして、その男に近づいて行くと、後ろから軽く肩を叩いた。

「はじめまして。私、ミコトといいます。タクさんですよね? ずっとあなたを探していました。」

タクが驚いて振り返ると、ミコトは静かにタクに微笑みかけた。タクは目を丸くしている。今まで一度も会ったことのない女性が、自分を探しに来たという。しかも、どうみても自分よりかなり若い。

※本記事は、2020年11月刊行の書籍『Slime Slime Slime ~戦地に降りた天使~』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。