冬の鳥の 暗きみづ面に、中津の沖の 蒼きみづ面に朝を待ちをりぬ

十二月
十五日

 

ももの雲を うす墨染めに よどの光(かげ)の蘆野に衰ふ ゆふさりにけり

十二月
十四日

 

あたらしき 淀の面輪見む。ももの面の 中津の沖の朝開けゆくを

十二月
十四日

※本記事は、2019年10月刊行の書籍『淀川。よ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。