夜あけより吹雪く駅前出勤の 傘かたむけて人ら列なる

 

東北の山のサシバは晩秋の 伊良湖岬の山に集まる

*サシバは、ワシタカ科に属する中型のタカ。春から夏にかけて日本の里山で過ごす。
晩秋、東日本のサシバは数百羽の大群となって、伊良湖崎に集まる。

 

湧きあがる気流をとらへて舞ひあがる サシバの群れは空に輪を描く

※本記事は、2014年2月刊行の書籍『歌集 忘らえなくに』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。