冴えざえと白さざんかは咲きはじむ 日は衰へて冬に入る朝

 

蔓は枯れてつらなる赤き烏瓜 いのちの果てをかがやかせゐる

 

ふとぶとと白き肌への大根は 身をせり出して雪の日を待つ

※本記事は、2014年2月刊行の書籍『歌集 忘らえなくに』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。