振り返ると、薄闇の中に岸谷と岩崎の顔が浮かんでいた。

「きみたちも沼田君に呼ばれたの?」
「ああ」岩崎が答えた。「岸谷とはいましがたそこで会った」
「みんなばらばらに呼ばれたんだね」
「で、沼田は?」
「まだ来ていないみたい」

夕陽が山にのまれ、空がみるみる濃紺に染められていく。互いの顔もよく分からないほどである。

しばらくすると、「おーい」と声がした。沼田の声だ。沼田は手にたいまつを持ち、笹見平の方からゆっくりと歩いてきた。三人は沼田が自分たちのところまでやってくるのを待ち構えた。すでに明かりが無いと歩くのが難しいほど暗くなっていた。

「待たせたね」沼田はたいまつの明かりの中でひっそりと口角を上げた。顔に不気味な影が描かれた。

「いいさ」岩崎が早口で言った。「で、話ってなんだ」
「早坂は?」と岸谷。

沼田は答えない。

林は辺りを見渡し「早く済ませて帰ろう。獣が出かねないよ」
すると
「ああっ!」
林の目の前で岸谷が悲鳴とともに崩れ落ちた。彼は膝を抱えてうずくまっている。

「アヂッ!」
今度は背後で岩崎の声。振り返ると、岩崎は地に伏し、顔を押えてのたうちまわっている。毛の焦げるツンとした匂いが鼻を突く。

「沼田君、なんてことを――」

林は顔を上げた――途端に右顎に強烈な一撃が走った。
林はふっとばされて地にうずくまった。

※本記事は、2020年7月刊行の書籍『異世界縄文タイムトラベル』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。