我が腕を死に場と定む蚊の居たり

 

君の背を幾度も追いし夜店かな

 

たわむれのあとは身軽に夏の蝶

※本記事は、2007年5月刊行の書籍『句集 抱く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。