三浦環の「東京音楽学校予科」入学動機は…

明治33年(1900)三月、虎の門の東京女学館高等普通科を卒業した柴田環(のちの三浦環)は、同年9月、東京音楽学校予科に入学した。

その入学の動機は東京女学館の教師、杉浦チカの勧めによるものであった。

このことについて記された最初の出典は「婦人畫報」(明治44年1月10日の臨時増刊号)が当時の閨秀音楽家、幸田延、安藤幸、神戸絢、柴田環らをとりあげた折のものであろう。

当時の子女の慣わしでもあった邦楽(長唄や等曲)を稽古していた環は、特に励むわけでもないのにいざお浚いの会となると見事にこなしてしまうといった才能をみせ、東京女学館在学中に「先生方から西洋音楽をやらせたらというお勧めがございました」とこの記事の中で環の母登波は語っている。環の自伝にはこの経緯がやや具体的にしめされている。(1)

*****************************************************************************

九月の新学期(注・二年生)になって学校にまいりましたら、音楽の先生が新しくいらっしゃいました。上野の音楽学校を卒業された杉浦チカ先生でした。当時はまだお嫁にいかれないので吉沢先生と申上げていましたが上野を出たての新しい音楽の先生というので、たちまち私どもの生徒の憧れの的となり、吉沢先生、吉沢先生と大変な騒ぎかたでした。

その憧れの吉沢先生が私の歌うのをお聴きになって、「柴田さんはなんて綺麗な声でしょう。そして音程がしっかりしている。あなたは生れつき音楽の才能を身につけています。あなたは上野の音楽学校に入って勉強なさい。きっと日本で一流の音楽家になれます」と褒めて下さいました。

幼稚園(注・明治二十年創立富士見小学校附属富士見幼稚室)の時、植村くに子先生(注・明治三十四年十月新潟女子師範学校へ赴任)に褒められて以来、褒められることは馴れっ子になっていたし、私の声が美しいことも自分で自信を持っていましたが音楽家になろうとは思っていませんでした。けれど吉沢先生にこう褒められたので私は初めて音楽家になる決心をしました。

*****************************************************************************

以上は昭和20年、環が62歳の折の回想である。

合格の裏側。瀧廉太郎の時の試験内容を見てみると

昭和11年に婦人公論記者に語った談話では「私の音楽の才能は杉浦チカ子先生によって認められ、しきりに上野の音楽学校入学を勧められたものである」となっている。(2)

杉浦チカ(1876~1968)は明治31年7月に東京高等師範学校附属音楽学校専修部(本科)を瀧廉太郎、栗本清夫、石野巍、安達カウ等と共に卒業している。後には東京音楽学校の教壇にも立った人で在学中からその才能を評価されていた。(3)

環が杉浦チカの勧めで東京音楽学校に入学したことは確かであろう。彼女が明治40年音楽学校の助教授に昇任した時、杉浦チカは既に助教授として唱歌を担当していたのであるから、先生でもあり、先輩の同僚でもあった彼女の名前を環が間違える筈はない。

ただ、吉本明光筆記の自伝に、「まだお嫁に行かれないので吉沢先生云々」とあり、吉沢先生の名前が数回続出するので多少の疑問を持つことになる。杉浦チカは旧姓高木チカであり、音楽学校在学中の学友会演奏会も高木チカ子で出演、卒業者名簿にも旧姓高木チカとなっている。最近書かれた環の伝記の中にも吉本筆記を敷延し吉沢先生としているものもあるので、この点は後日、東京女学館職員録や杉浦チカ履歴等の調査を俟って吉沢なのか、高木の記憶違いか、あるいは聞き違いによる書き誤りであるかを確かめておきたい。(4)(※1)

音楽学校の入学試験がどのようなものであったか不明であるが環は無事合格した。環より六年前に受験した瀧廉太郎の時の試験内容を参考までに記しておくことにする。(5)

試験科目は読書(国語・漢文・講読)作文、算術(四則・分数・小数・比例・開平・開立)英語訳読(ナショナル第四読本程度)及び唱歌(文部省小学唱歌集)の五科と発表された。

試験内容は、唱歌は小学唱歌「つばめ」を歌い、オルガンによる聴音練習が課せられ、英語はナショナル第四読本の「象」の一節、国語は「音楽を聴いての感想」と題する作文であった。同じ頃(明治28年度)の一高の問題にしても、代数学は「十人の選挙者が二人の議員候補者に投票するとき投票の仕方は幾通りあるか」とか、生物は「衛生上夏は如何なる衣類が適するか」日本史は、「奈良朝とは何天皇から何天皇までを言ふか」漢文はきまって『日本外史』から出題されるという具合であった。(6)

昨今の大学入試問題と比較する時、昔日の感がある。環の受験した明治30年度の予科入学志願者は16名であり、入学者は7名であった。