*木曽駒ヶ岳・千畳敷カール

霧舞台ゆるり幕あき宝剣の鋭き岩峰きらめき出ずる

 

一つ減り二つ減りつつどこまでもカモメ船恋い陸の遠しも

 

悦びを身体で舞いし踊り子が哀しみに落つ指の先から

※本記事は、2019年2月刊行の書籍『歌集 花の影』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。