噛み砕く苺真白な君を知る

 

あじさいや天の涙を受け止めて

 

夏痩せを恥じらひ会わぬ日の電話

※本記事は、2007年5月刊行の書籍『句集 抱く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。