今年には五六数う一年が
 多く感ずる歳に成る哉

 

新年の朝日香りて輝やいて
 その温もりに漏れることなし

 

豪雪の飛驒高山のニュース視る
 合掌造りは雪の里哉

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。