鬼灯の青き袋を手に摘みて
 ぽんぽんと鳴らす夏の末かな

*鬼灯 袋の中に実をつけ、まだ熟さないころを「青鬼灯」と云う。

 

いちめんに土に蒔かれし種籾を
 雀がついばみ殻のみ残す

 

いまいちど土を覆ひて蒔きなほす
 ほどなく芽ぶく双葉にぎはふ

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。