桐の花静かなる恋またも咲き

 

ゆずられし道も険しく五月闇

 

昼寝して女をしばし放り出す

※本記事は、2007年5月刊行の書籍『句集 抱く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。