ああだから月はみんなに愛されるんだ自分ひとりを見てる気がする

 

青白く差し込むひかり十指となれ箏曲「月光」奏でる我の

 

昨夕見し月の匂いと思いたり水仙の花庭に摘みつつ

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 祈り』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。