雨よけてホテルの廊下いくすぢの
 ヤスデの這ひゆくゆくてを跨ぐ

*ヤスデ 体長約五センチの節足小動物。

 

悔しけれ命ひとつの惜しければ
 遠島流しの恥に耐えけむ

 

とぶ鳥もかよはぬ島と聞きをれば
 もののふといへど涙ながるる

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。