私のことはさておいても、生後十一カ月の子供たち二人はどうすれば良いのだろう? 疑問と不信感しかなかった。この人は何を言っているのだろう? 何が言いたいのだろう? いくつもの?マークが脳裏に並び重なり合い蠢(うご)めいていた。

私は、姑が寝かせている子供たちへと思いを馳せた。そのとたん大粒の涙が滝のように落ちた。私は二階の居間でテレビを見ている舅の所へ走っていった。

「じぃーちゃん。健一さんから、独りになりたいって今言われた。早く来て‼」と号泣しながらなんとか舅に伝わるくらいの言葉で。

舅は、顔色を変えてムクッと立ち上がり階段をいつもより急いでドカドカと下りて行った。さっきまで部屋にいたはずの夫は、居間にいた。多分、今すぐにでも出て行く気構えなのだろうと直感した。

舅はいつもよりさらに増して激しく怒鳴った。

「健一、お前出て行くなんて何言ってんだ。ふざけたことを言うな。子供二人もいて」と。夫は軽く抵抗するや否や、舅は、居間にあるコタツの上にのっている台を頭上高く持ち上げ夫めがけて威嚇したのだった。私を怒鳴る時よりも怖しい形相をしていた。私はこのとき後悔した。舅を呼びに行ったのは間違いであったと。

事のけじめをつけてもらうために舅を巻き込んだのだが、望んでいた方向には行かないと悟った。この一件に気づいた姑が部屋から出てきて、玄関から夫が出て行く姿を止めに入った。

「お前、子供たちはどうするんだ?」。姑は冷静な口調で夫に聞いた。すると夫は答えた。

「オレは独りで出て行く。子供は置いていくから」とだけ。着の身着のまま、夫は出て行ってしまった。いや、出て行く事に成功したのだ。

これから先、夫は家には戻らなかった。荷物も持たずに出て行ったが、後から着替えなどは取りに来たらしい。夫のタンスからは洋服や下着が消えていたのを見つけた。

子供たちは、この一夜の夫の家出のことは何も知らずにスヤスヤ寝息をたてていた。どんな夢を見ているのかな? 楽しい夢だといいなと思った。

私は人間不信になりそうだった。夫の言動は全く理解不可能なのだ。どんなに流暢な言い訳をされても納得は行かない。あまりにも自己中心的で身勝手である。

この先、どうするかが問題だ。私は考えをめぐらせた。答えはすぐには出なかったが、子供たちを立派に育てるという信念は貫き通すぶれない軸があった。

大丈夫。そこさえ見失わなければ生きて行ける。この時、根拠のない自信が私を勇気づけた。

私は母親。夫が家を出て行っても胸を張って堂々と生きて行こうと決心した。

ちょっと嬉しかったのは、舅は私の味方をしてくれた事である。血圧を上げてしまったのは申し訳ないと謝っておきたい。

※本記事は、2020年10月刊行の書籍『プリン騒動』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。