ろうろうと忠通の声がとほりてここに宣命読みあげられる

 

耳たてて聞き分けをれば「皇太弟」体仁に譲位せられたりと

*宣命の文言は、「皇太子」体仁に、とあるべきところ、「皇太弟」体仁に、となっていた。

 

崇徳帝動悸はげしくさけびたりちがふちがふそれはちがふと

※本記事は、2013年2月刊行の書籍『花と散りにし』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。