手や足の爪を切られし須佐之男は
高天の原より追ひはらはるる

*罪をあがなうために須佐之男は、髪や手足の爪を切る罰を科された。

 

須佐之男はひどい空腹に耐えられず
大気都比売を訪ねました

 

たのむ腹が空いて死にそうだ
なにか食べ物を出してくれないか

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。