降りしきる月の光を吸い込みぬいつしか涙滲みくるまで

 

「眠りゆく馬のため月存在す」そう思えくる絵画一枚

(坂本繁二郎「馬屋の月」)

 

満月のひかり降るらんふるさとに葉を閉じ眠る合歓の上にも

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 祈り』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。