よりそひて魂はかへらむみんなみへ
 渡る小鳥は声ほのかなり

 

運つきてつひに都へかへらざる
 実方朝臣の無念をおもへ

 

千年の後に親しく祭らるる
 みちのくびとのやさしき情

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。