ふるまひに帝の怒りとけざれば
 みちのくへ下る後姿さびし

 

唐突にあばれし馬に投らるる
 命惜しまれここに眠りぬ

 

笠島の野末にそよぐ紅芒
 土盛る墓の魂をなぐさむ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。