第二章 自宅介護の知恵と工夫

一、通院で良しとした夫の無知…地域包括センターに相談。ケアマネ決まる

「Kさんが、今日来るよ」
と言うと、妻は喜んで楽しみに待っていた。

私は、いつも1カ月間の妻の病状をA4用紙に日記にまとめた。それを読んでもらい状態を掴んでもらった。

そして、翌月の利用計画書(ケア・プラン)の説明を受け捺印した。そこで、初めて妻を呼んで身体状況や病状を本人確認してもらった。いつもケアマネKさんの前では、笑顔を絶やさず応対している妻が印象的だった。

A4用紙で日記にまとめた理由は、1カ月間の症状や出来事を口頭で報告すると、近くにいる妻に聞こえ、疑いや不安を与えるからだ。言いにくいことや、マイナス面を本人に聞かせるわけにはいかなかった。

まとめるのは大変だったが、ケアマネに包み隠さず症状を忠実に伝えたかった。何に困り、何を必要としているかも報告ができたのも良かった。

ケアマネも、それを基に介護度の見直し申請をして、その結果、2015年の4月「要支援1」から「要介護1」の認定を受けた。

ケアマネKさんから教えられとても印象に残った言葉は、

「認知症という病気が、お母さんに異常なことを言わせたり、させたりしています。病気がそうさせているのです。なので、お父さんは責めたり怒ったりせずに、お母さんに寄り添いながら相づちを打ち演技をしてください」というアドバイスだった。