すかさずに天の岩屋の入口に
 しめ縄を張り退くを許さず

 

ひれ伏して神々たちはねがひたり
 天照大御神さまこの世に光を

 

日の光天にも地にも降りそそぎ
 草木は萌えて小鳥はうたふ

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。