全身に月のひかりを浴びながら樹々たちすべて背伸びしている

 

月光のあまねく空を泳ぎたりもう一人のわれに出会いたくって

 

青白き月の光と口笛と交信しつつ流れつづける

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 祈り』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。