立ちどまりふりむき仰ぐ栗の花
 目鼻のむせぶ香りを降らす

*栗の花 白い穂状の花、芳香がある。

 

庭木より落ちし楊梅をひろひ食う
 甘く酸っぱき故郷がある

*ヤマモモ ヤマモモ科。九州から四国地方の山に自生する高木。

 

梅雨どきにお化粧をする 半夏生
 葉を白う染め 小蜂を宿す

*半夏生草(さう) ドクダミ科。梅雨どきに葉っぱの半ばが白く染まる。蜂や蝶などに花粉媒介を託す。

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。