A 愛する人の子供が、お腹の中にいる幸せ。けどムカムカする、そんな顔や。

B どんな顔や、分かりにくいなあ。

A そんなツワリのシーンのあるドラマを見てる時、孫が一緒にいたら困るで。

B なんで困るねん。

A どうしたのこの人、何か悪い物を食べたん? ねえ、おばあちゃんって絶対聞いてくるに決ってる。

B そら聞いてくるやろな。分からんことを年配者に聞くのが礼儀やからな。ほんでどう答えたん。

A なにか悪い物でも食べたんかいなっていうより、しょうがないわな。

B それを聞いても孫は、納得しよらんかってんな。

A この暑いのに、臭いも嗅がんと食べたんやなって言うたがな。

B 親がいつもやってんの見てるんや。おかしかったら旦那に先に食べさすのも、見てるんや。

A 何で知ってるねん。

B えげつない親子やな。

A 孫と冬季オリンピックをテレビで見てたら、選手の中に、一人眉を剃り込んだ若者を見つけてん。

B へえー誰の事やろ。

A 有望選手というやんか。

B 眉毛を剃り込んでも、勝てばええんとちゃうか。

A テレビに向かって、あの眉毛はなんや!と叫んだわ。

B 又いつもの癖が始まったんやな。

A 男の眉毛は、濃く太く、凛々しくなくてはアカン。

B まあ好き好きやけど、太い濃い眉毛は、今時の若い女の子には、モテへんで。

A 眉毛ごときに、気を使っているようではなにもでけへんやろ。

B まあ、そんなに怒らんと。

A そんなことで勝負に勝てるわけがない。

B 毎回テレビに向かって怒ってるんやな。はた迷惑な、ほんでその選手は勝ったんかいな。

A なんと剃り込み眉の若者が、金メダル取ったんやがな。若者は一躍英雄や。分からんもんやね。

B 偉そうに言うた手前、バツ悪いやろ。

A そうやねん。「眉毛のお兄さん、勝ったやん。金メダルやん。おばあちゃん」って、孫が言いよるねん。

B そら眉毛だけで、判断した、あんたの負けや。

A もうええわ。

※本記事は、2019年12月刊行の書籍『もうええわ!』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。