身をよぢる宇受売の胸乳あらはなり
陰さへ見せて踊り狂へり

 

狂おしくはげしい踊りに神々は
よろこびどよめき笑いころげる

 

きこえくる声に魅かれる天照
わづかに戸を開け問ひただしたり

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。